So-net無料ブログ作成

橋下新党・大阪維新の会が発足(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」は19日、府選挙管理委員会に政治団体の届け出をし、発足した。府と大阪市の再編による「大阪都構想」など知事の政策実現を目指す事実上の「橋下新党」で、参加議員は府議だけでなく大阪、堺両市議にも拡大。高い知事人気を背景に同名の議会内会派が府議会ではすでに2番目の勢力となっており、来春の統一地方選では、両市議会を含めそれぞれ過半数獲得を目指す。

 首長自らが代表となり、議員と連携して複数の議会にまたがる地域政党を結成するのはきわめて異例。発足時の参加者は府議24人、大阪市議1人、堺市議5人の計30人。他に加入を検討している議員が数人おり、勢力はさらに拡大する見込み。

 新党の基本政策は大阪、堺など11市を20の特別区に再編し、住民サービスを行う基礎自治体と交通網の整備など広域にまたがる政策を進める広域行政体に分ける大阪都構想や大阪(伊丹)空港の廃港など。

 この日、大阪市内のホテルで行われた発足式で橋下知事は「大阪は世界で10本の指に入る能力があるのに、行政の仕組みがとんでもないから凋落(ちょうらく)している」と指摘。「政治が大阪を変える。既存政党との大戦争になるが、大阪を変えるため前に進んでいく。今日から本当の意味での戦いが始まる」と決意を語った。

 民間を中心に大阪維新の会を応援する政治団体「経済人・大阪維新の会」も22日に発足する。

【関連記事】
橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も
恩讐超え橋下知事と連携 今夜発足「維新の会」
「維新の会」、大阪府議会で単独第2会派に 橋下新党きょう旗揚げ
橋下新党に戦々恐々「黒船が来た」と政令市議
18日に結党、消費税上げは法人税下げとセット

堀内恒夫氏に参院選への出馬を打診 自民(産経新聞)
電車内で女子学生の体触る 税務署員を現行犯逮捕(産経新聞)
田辺三菱子会社のデータ改ざん、「看過できない重大な不正行為」―日薬(医療介護CBニュース)
<将棋>三浦の策に羽生長考 名人戦第2局(毎日新聞)
6割「司法、より身近に」=参加意欲は横ばい−裁判員制度意識調査・最高裁(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。